楽譜に頼りきらない理由

本当に音楽を教えている人なら当たり前に分かりますよね。


ドラムももちろん例外ではなく、楽譜を見ながら叩くなんていうのは

基本的に良くないです。


歌手に例えるとステージで歌詞カードを見ながら歌っているようなもの。


感覚、ノリっていうのが物凄く大事なんです。


当教室にはピアノの講師の方も生徒さんとして在籍してますが、

最初は3連符や6連符を楽譜を見ながら叩いたとしても、やはり

叩けないんですね。


実際に体に染み込ませていかなければならないときに

楽譜が弊害になってしまうことがあります。


講師をやっていて思うのは、

いかにその生徒さん一人一人に合う例えをピンポイントで

言語化してあげられるか。


これは講師の経験値が確実に必要で、

その経験値は負けない自信があります。


例えばスティックを振るときにムチをしならせるように振ると

伝えたとしても、まだムチを振ったことのない子に教えたとしても

ピンとこないと思います。


マニュアル通りに教えて済むほど講師という職業はあまくないんです。


当教室TAKAMIDrums タカミドラムは

生徒さん一人一人を大事にしたマンツーマンレッスン。

本日もレッスンよろしくお願いいたします。


生徒の皆様いつもありがとうございます。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事